--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一昨日の金曜日に、出産予定の病院で初めての健診を受けてきました

初診なので予約が取れなかったので『待たされるかな~』と思ったのですが、
紹介状を見た看護士さんに、
「子宮頚管が短くなってきているということなので、先に通しますね」
と言われて、初診の手続き(診察券作ったり。。)が終わった後は、
あまり待たずに診察室に通してもらいました。

『先に通すってことは、やっぱり普通の状態じゃないんだぁ~
と思いつつ、まずはお腹の張りを測定。

40分ぐらいお腹にベルトを巻いて、うとうとしつつ(笑)、
『あ~、このまま入院だったりするのかな。。』と不安になったり。。

その後、初診ということでエコーで赤ちゃんの状態を確認。
そして、内診を終えた後に最後に問診室へ。。

結果。。

週数にしては子宮頚管が短いけど、幅方向は開いてきていないとのこと。
張りも1回ぐらいしか確認できなかったし、確かにお腹が硬めではあるけど張ってるわけではなさそう。
仕事は休んだ方がいいけど、簡単な家事ならOK。
家では、寝たきりだと足に血が溜まったりしてかえって良くないし、
お腹の張りを感じたり、疲れたら横になる程度で大丈夫。
外出は近くのスーパーとかになら良いけど。。1時間も歩くってのはやめて下さいね。
とのことでした。。

『入院』って言葉は全然出てこなかったし、今まで診てくれていた先生の言い方に比べるとだいぶ状態は良さそう

『入院しない限り、早産決定!!』って思っていたけど、
無理しなければ正期産まで持ちこたえてくれるかもという希望がわいてきました

とは言え、次の健診は1週間後。
通常ならこの時期は2週間に1度の健診なので、まだまだ油断はできません

引き続き実家でのんびり過ごしたいと思います。。




ランキング参加中。応援お願いします にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kalea.blog6.fc2.com/tb.php/79-9dc7ccc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。